ハードワークに追われている仕事人間これだけは知っておこう


by mush_k

<   2013年 10月 ( 1 )   > この月の画像一覧

物事や人間関係が上手くいかないという悩みに突き当たったとき、なぜ、上手くいかないのか、上手くいってないと思うのかを、段階的に分析していく方法か「コラム法」だ。心理学では、物事をどのように理解するかを「認知」という。

その認知の誤り、ゆがみを修正する方法も兼ねており、コラム法をすすめていくうちに認知のゆがみが修正され、自分自身や、自分の立場がよく見えてくる。その結果、自然にその問題の見方や解釈が変わっていき、気がつくと、悩みが消えてしまっていることが多い。コラム法は、つぎの手順で行なう。

①紙に線で五つのコラム(枠)を書き、最初のコラム「状況」には、いま、直面している課題を書く。

例:「会社に行きたくない」

②二番目のコラム「感情」には、①により、引き起こされる自分の感情を書く。このとき、いくつかの感情があれば、それを1~100%で表す。

例:ゆううつ=100% 怒り=60% 不安=70%

③三番目のコラム「自動思考」には、そのとき、すぐに浮かんだ思いを書く。いくつかの思いがあれば、それを1~100%で表す。

例:上司と考え方が合わない=80% 部下に信頼されていないような気がする=40% 自分ばかり大変な思いをしている=50%

④四番目のコラム「別の考え方」には、③とは別の見方・考え方を書き出し、それを1~100で表す。

例:上司ときちんと話し合ったことがない。話し合えば、もっとわかりあえるかもしれない=100% 部下を信頼してもっと仕事を任せるべきだと思う=50% なんでも自分でやらないと気がすまないという傾向が強いのではないか=70%

⑤五番目のコラム「結論」には、順番に考え方を整理してきた結果、導き出された結論を書く。

例:上司にも問題があるが、もっと自分から積極的に、上司と話し合い、理解し合えるようにすべきだった。部下と一度、飲んでみよう。自分からまわりに働きかけ、仕事を分担し合う仕組みをつくろう。
[PR]
by mush_k | 2013-10-16 01:09 | すぐ冷静になれる方法