ハードワークに追われている仕事人間これだけは知っておこう


by mush_k

<   2012年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

夜、なかなか眠れないときは、ヒツジの数を数えればいいとか、むずかしい本を読んでみるといい、などといわれている。私はためしてみたことはないのだが、はたして効果のほどは、いかがなものだろうか。効きめがあるかないかは別にしても、そういう言いならわしやおまじないが昔からあるということは、寝つきが悪くて悩んでいた人が大勢いたということだろう。

性格的にみて、やはり神経質でものごとを考え込みがちなタイプの人は寝つきが悪く、楽天家であまりものごとにこだわらない人は寝つきはいい。職業的にみると、歩いたり体をよぺ使う人は寝つきがよく、一日じゅうデスクワークで頭を使う人は寝つきの悪い傾向がある。

つまり、心地よく眠りにはいるためには、適度な肉体的疲労と精神的なリラックスが必要なのだ。知的作業が多い人は、どうしても運動不足になるし、神経の緊張の度合いも高いので、寝つきが悪くなるのである。

よく、次の日が遠足だとかデートだとかいう夜は、ワクワクしてなかなか眠れなかったことを経験している人も多いことだろう。これは神経が興奮して高ぶっているからである。そして、早く眠らなければと意識すればするほど、かえって目がさえてしまう悪循環におちいってしまう。

寝つきをよくするためには、まず緊張した神経をときほぐすこと。それには、寝る前に適量のアルコールを飲むのもいいだろうし、ぬるめの風呂にゆっくりはいるのもいい。また、ジョギングとまではいかなくても、速足程度で軽く汗ばむくらい歩いたり、ゴルフのクラブを振って体を動かすのも効果がある。

そして、大事なのは眠くなるタイミングを逃さないようにすることだ。眠気は一定のリズムで訪れてくるので、一度逃すとまた次の波がくるまで、眠れないということになってしまうのである。一般に一日8時間の睡眠がいいといわれるが、睡眠は量ではなくて質である。

熟睡できれば時間は少なくていいし、眠りが浅いと時間はたくさん必要になる。寝つきの悪い人のほとんどは眠りが浅いため、医学的にみれば十分な睡眠時間をとっていても、寝不足の状態となるわけである。このような人は、やはりその足りない分をどこかでおぎなってやらなければならない。

勤務時間中に居眠りするわけにはいかないだろうから、昼食後に20分か30分眠るようにする。これだけで、睡眠不足は解消されるが、寝すぎると逆効果になるので、仮眠は30分ぐらいが適当だろう。
[PR]
by mush_k | 2012-05-30 10:50 | 仕事人間の健康法
日頃、運動不足を嘆いている人が、久しぶりにゴルフに出かけたとしよう。いつもなら1ラウンドで終わるところを、その日はたまたま利用者が少なかったため、もう1ラウンド余分にまわってしまった。今度またいつやれるかわからないから、という気持ちも理解できなくはないが、ラウンドの終わり頃には相当疲れを感じるはずだ。そして重い足を引きずってクラブハウスに引きあげてきた彼は、まず何をすべきだろうか。

風呂にはいって汗を流す、これはいい。が、そのあとのビールを一杯というのはいけない。疲労感がほとんどなく、心身ともにさわやかな気分でプレーを終わったあとならいいかもしれないが、ふだん以上に疲れたときは避けたほうが賢明だ。

運動をすると血液の循環がよくなるからアルコールはどんどん吸収される。反面、肝臓に流れる血液の量が少なくなるのでアルコールの代謝が遅くなる。そのため、いつもより酔いは早く、肝臓にも負担をかけるので、よけいに疲れてしまうことになる。

2ラウンドもまわって、さんざん水分とカロリーを消費しているのだから、とにかくその分をきちんとおぎなってやる必要がある。体内から水分が排泄されると、血液の濃度が濃くなり血糖値が低下するので、肝臓や騨臓の慟きもにぶってくる。また、疲労は胃腸にもきている。

こんなときは、体が吸収しやすい砂糖水やスポーツドリンクを飲むといい。スポーツドリンクの成分はナトリウム、カリウム、塩素、リン、ビタミンB群、C、ブドウ糖などで、ほかに清涼感を与え飲みやすくするためにクエン酸、リンゴ酸なども添加されている。

効用として、発汗にともなう水分や塩分の補給、血糖値(血液中のブドウ糖)の低下をおさえるための糖分の補給、体温調節などがあげられる。運動の程度や個人の体力差によって飲用の効果はちがってくるが、運動によって消費するビタミンCやビタミンB1を補給する意味では、コーラやジュースなどのソフトドリンクよりははるかに効果がある。

また、激しい発汗の後の水分補給の面でも、スポーツドリンクのほうが水やソフトドリンクに比べて吸収性がいい。ただし、スポーツドリンクはほかの飲料よりナトリウムを多く含むため、汗をかいていないときは飲まないようにしたい。日常的に飲み続けると高血圧を誘発することにもなるからだ。

そして、効果があるとしても、あくまで「一過性」のものだということを忘れてはならない。本格的に疲労をとるには、スポーツをした後の整理運動をしっかりやり、ぬるめの風呂にはいって体じゅうの筋肉をやわらかくもみほぐすようにマッサージをする。そして栄養価が高く消化のよいものを食べて、ぐっすり寝ることである。
[PR]
by mush_k | 2012-05-27 09:32 | 仕事人間の健康法
麻雀好きな人の中には、一度始めたらなかなかやめられないという人が少なくない。ズルズルと夜を徹して勝負をすることになるわけだが、そうしたときの疲労感はかなりなものである。体がだるいだけでなく、頭もボーツとして、思考が定まらないまま一日をむだに過ごしてしまうという経験をしたことのある人もいるだろう。

麻雀の疲労感というのは、ちょっと特殊なものである。徹夜麻雀をした場合は10時間近くも椅子に座っているわけだから、指先や腕は動いていても体はほとんど動かさない。姿勢が悪いために腰などに負担もかかる。そして神経は高ぶったままであり、消耗が激しい。

つまり、徹夜麻雀の疲労感は肉体疲労というより精神疲労なのである。この肉体と精神の疲労のアンバランスが、徹夜麻雀の疲労感をより高めているわけだ。

そこで、徹夜麻雀をして疲れたときは、できればその朝に屈伸運動などの軽い体操をするか、それが無理なら一両日中に、ジョギングなど体を動かすことをおすすめしたい。そうすれば肉体的疲労がくわわることになり、疲労のバランスがとれるのである。

また徹夜麻雀をするときは目を酷使することになるから、ビタミンA、Dの含まれている野菜をたっぷり食べたり、翌朝、公園で緑をみながらのんびりすることで目の疲れをいやすことに気を配っていただきたい。

さらに、麻雀の最中の食事は、サンドイッチなど軽めのものにすることも大切だ。空腹のままで麻雀をやると、ストレスが重なり胃液がどんどん分泌されるから、胃に悪いことこのうえない。胃潰瘍や十二指腸潰瘍の原因にもなる。反対に麻雀の最中、食べすぎるのも考えものだ。体をまったく動かさないのに栄養分ばかり体内にはいるために、カロリーオーバーとなり、糖尿病や心臓病の原因となる。

また、徹夜明けの早朝に甘い物を少しとるのもいい。糖分はすぐに血液に吸収される栄養分であるから、これが体のすみずみにまでいきわたり、血管の浸透圧が高まることで、疲れの元凶である体内の老廃物が排出されやすくなるから、疲労回復に役立つ。

いずれにせよ、空気の悪いところで神経を極度に高ぶらせる徹夜麻雀をすると、ホルモンのバランスもくずれ、頭の血管が緊張して血圧が上がり、心臓など循環器系への悪影響も大きい。できるなら避けたいところだ。

仕事上、つきあい麻雀を要求されたり、麻雀が好きでどうしてもやめられない人でも、二、三時間で切り上げるのが賢明だろう。「麻雀は人民にとってアヘンである」といったのは毛沢東だが、サラリーマンの健康にとっても「アヘン」であるのかもしれない。
[PR]
by mush_k | 2012-05-16 23:43 | 仕事人間の健康法
いつの頃からか、わが国のバーやスナックには、全国津々浦々にカラオケがそなわるようになった。いまでは、深夜のさしてにぎやかでない通りを歩いていても、どこからともなくカラオケをバックに歌う声がきこえてくる。

こうしたカラオケの普及は、演歌好きにはこたえられない楽しみになるいっぽうで、数々の弊害も生んでいるようだ。マイクの奪いあいから、果ては刃傷沙汰(にんじょうざた)にいたった事件や、騒音による訴訟問題などがあちらこちらで起きているのが目につく。

そんなトラブルに比べるといささか格が落ちる話だが、カラオケに夢中になりすぎて、ノドを痛める人が少なくないという。ホロ酔いきげんで演歌をうなるのは、ストレスの解消になり、たいへんけっこうなのだが、問題は声をはり上げ、タバコを吸い、「こぶし」をきかせたときの声帯の負担である。

悪いことに、演歌のようなカラオケにぴったりした歌というのは、腹の底で歌うオペラなどとちがってノドを酷使してしまいがちである。まさにノドが自慢で歌うわけなのだが、それが度を越すと、声帯に炎症を起こす恐れが生じる。これは、選挙の時期に、「ノドをからして」走りまわる政治家が声をつぶしてしまうのとよく似ている。

へたをすると、その炎症がもととなって、声帯ポリープという一種の腫れ物ができることもあり、注意が必要だ。ご存じのように、この病気は売れっ子の歌手がかかるもので、腫れ物とはいってもガンとは関係がない。

けれども、ノドの疲れに酒やタバコが重なるとひじょうにかかりやすくなり、声が出なくなってしまう。さて、そこで予防の対策が必要となる。ノドを大事にとはいっても、演歌好きに「禁カラオケ」は無理で、また招待や宴会ともなれば、そんな自制心はどこかへ飛んでしまうだろう。

結局、ノドがかれないように声帯をうるおす手段を講じるしかないのだが、それには梅干しが最適である。梅干しの酸味は、多量の唾液を分泌させるとともに、声帯の粘液をだす機能も高めてくれるからである。

テレビの宣伝の影響か、ノドの痛みというと甘いアメをしゃぶることしか思い浮かばない方も多いようだが、辛いものがかならずしも悪いわけではない。唐辛子の多い朝鮮料理を食べている韓国の歌手が、けっしてハスキーな声でないことを考えてみればいいだろう。

それはさておき、カラオケの悪い点ばかり話してしまったが、これはノドにかぎってのことで、肺を中心とする総合的な健康のためには、歌はたいへん有効である。まさに、肺炎予防にはカラオケ、なのだ。要するに、力みすぎないこと、これがポイントである。
[PR]
by mush_k | 2012-05-11 00:21 | 仕事人間の健康法