ハードワークに追われている仕事人間これだけは知っておこう


by mush_k

<   2012年 01月 ( 10 )   > この月の画像一覧

タバコの煙がたち込め、日も当たらず空気のよどんだオフィスで、1日じゅう座りづめでデスクワークをするサラリーマン稼業ほど、健康にとって悪い商売もないといっても言い過ぎではないだろう。

人間の体は座ったままでいると、胃や腸、その他の臓器への血液の流れが少なくなり、血圧も下がってしまう。脳に送られる酸素も不足しがちで、当然、脳の働きもにぶってくる。その結果、肩がこったり、全身のだるさを引き起こすことにもなる。

簡単にいえば、血のめぐりの悪さと精神的なストレスの2つが、慢性的な疲労感を生む原因になるわけだ。また、血行の悪さは痔の原因ともなり、これはデスクワークの人に多い職業病ともいえるほどである。

従って、仕事柄、座ってばかりいる人は、生活そのものが体のバランスを崩すようになってしまっている。だから、せめて1日に数回は、そのバランスを回復させてやることが必要になってくる。それには、まず体を動かすことで、昼休みとか午後の3時とか、きちんと時間を決めて体操などをするといい。

そして、さらに大切なのが食事の内容である。高栄養で低カロリーのものを意識的にとるようにしたい。というのも、デスクワークはカロリーの消費が少ないので、とりすぎると肥満の原因となるからだ。また栄養価の高いものを食べるというのは、脳細聊の働きを活発化させるためである。

栄養のあるものというと、すぐにステーキとか焼き肉を連想するが、あれは高カロリーではあっても高栄養の食事ではない。ここを勘ちがいしている人が意外に多いのである。栄養をとるためには数多くの食品をバランスよくとることで、肉だけとか野菜だけにかたよるのはよくない。栄養学的にみると、人間は1日に30種類の食品をとるのが理想だが、実際には15種類くらいしか食べていないものである。

そこでおすすめしたいのが幕の内弁当である。値段にもよるが、普通のものは、それほど高価なおかずがついているわけではない。しかし、魚、煮豆。卵など10数種類の食品をバランスよくとることができる食事なのである。そのほかには、野菜サンドに牛乳、ざるソバにダシ巻き卵に野菜サラダ「特ににトマトやピーマンなどの緑黄色野菜」といった組み合わせが、栄養学的にみた低カロリー、高栄養の代表的な食事である。

これに、おからやヒジキと豆の煮物などの豆製品をくわえると、デスクワークで神経をすり減らしているサラリーマンにとって格好の昼食となる。
[PR]
by mush_k | 2012-01-30 23:36 | 仕事人間の健康法
ゴルフやスキーなど、遠出しておこなうスポーツには、持続するエネルギーが必要である。そんなとき、だれでもスタミナのつく食事を食べようとするが、この「スタミナ」というのが、意外に誤解されているようだ。

おそらく、スタミナ食ときけば、たいていの人はウナギや焼き肉などを思い浮かべるのではないだろうか。要するに、高タンパクで、脂っぽい食べ物である。ところが、このような食べ物は、日頃の筋力強化や、長い目でみたときのスタミナ食ではあるが、いざというときの短期的なスタミナ食とはならない。スポーツをする当日のエネルギー源になるのは、ご飯や甘い物などの糖質なのである。

たとえば、日本のマラソン選手は、朝食にモチを食べる人が多い。それが、長距離競走の持久力を支えているわけである。運動をすると、心臓の鼓動が高まり呼吸が荒くなるものだが、これは、酸素を使って血液中や筋肉の中の糖質を消費して、エネルギーを取り出しているためである。運動が持続し、血糖値が下がると、肝臓が蓄積していた糖質を血液へと補給して、一定に保とうとする。

ところが、糖質のたくわえが不足すると、血糖値は下がりっぱなしになり、へたをすると脳へのエネルギーが不足して気を失いかねない。短期的なスタミナ食とは、この蓄積に繋がる食べ物のことなのである。そして、糖質をたっぷり食べるほどエネルギー源の蓄積につながるわけだが、注意したいのは、消化のいいものを選ばなければ役に立たないという点である。

そうすると、やはりご飯などのデンプン質が最適ということになる。日本では、昔から遠足や山登りにはおにぎりを持って行くのが普通だが、まさに、持久戦のスポーツにふさわしい食べ物ということである。そして、小休止するときに甘いものを食べる。これも、血糖にかわる時間のもっとも早い食べ物であり、たいへん理にかなっている。
[PR]
by mush_k | 2012-01-27 00:17 | 仕事人間の健康法
企業のコンピュータリゼーションにはじまる情報化社会の波は、一般家庭にも普及するほどの勢いをみせている。そうした状況にともなって、デジタル機器による目の疲れを訴える人が、急速に増えてきたようだ。私の印象では、直接デジタル機器を使用している人にかぎらず、パソコンの文字や携帯のメールなどに目をとおさなければならない人にも及んでいるように思われる。

かつては手書きのものが多かった書類や報告書も、殆ど細かい文字がギッシリつまった密度の濃いものになり、文字それ自体はきれいで読みやすいとはいえ、たしかに目の負担は大きくなるばかりだ。

ところで、小さな文字やパソコンの画面を追って目が疲れるのは、視神経の疲れによるものである。これが極端な場合、網膜の炎症を引き起こすこともある。かつては、病理学を研究する医学者が顕微鏡とにらめっこばかりしていて、中心性網膜炎によくかかったものである。要するに、目のピントが合う部分に炎症が起き、ものがみえにくくなる病気なのだ。

一般に、どんな疲れであれ、それをいやす最善の方法は休むことで、目も例外ではない。しかし、困ったことに、人間の目は眠っているとき以外は休むわけにはいかない。そこで、比較的に目の休まる状態である「遠くをみる」ことが必要になる。

目の機能は本来、遠近両用のものだが、都会に住む人は、ともすれば近くのものばかり見るという「近視眼的」生活を送りがちだ。しかも悪いことに、もっとも目の休まる色彩である木や草花の緑からも縁遠くなっている。

したがって対策としては、まず何よりも目をリラックスさせることが肝心だ。一定時間パソコンや細かい文字とつきあったなら、できれば木々の緑や遠くの風景をながめて、視神経の緊張をほぐすように心がけたい。

その一方で栄養的な配慮も忘れなければ、なお効果をあげることができるはずである。いわゆる鳥目(夜盲症)が、ビタミンAの不足による病気であることはよく知られている。しかし、この特定の症状にかぎらず、ビタミンA、ビタミンBは、目の機能の働きを総合的によくする効果がある。

こうした栄養をたっぷり含んでいるのは、やはりなんといってもレバーなどの臓物、すなわち肝をおいて他にはない。目が疲れたなと思ったら、目薬をさすよりもレバーを食べたほうが、はるかにいい結果を生む。情報化社会で生き抜くためには、夜空の星でもながめながら屋台の焼き鳥でもつまむのがいいのかもしれない。
[PR]
by mush_k | 2012-01-25 01:57 | 仕事人間の健康法
足の裏の「土ふまず」を指圧すると、たいへん気持ちがいい。これはなぜかというと、足の裏には体の各部分と連動する神経が、たくさん通っているからである。また、その神経回路は大脳皮質の運動領域に繋がっているから、その刺激の気持ちよさは、頭の働きにも好影響を与えることになる。そのため、仕事に疲れたときなど、足の裏を刺激してやると能率アップに繋がるのである。

では、ビジネスの現場で、どうしたら足の裏を刺激することができるだろうか。裸足でオフィスを歩くというのは無理である。一番いいのは、仕事机の横木に足を押しつける方法だ。机の下だったら、靴を脱ごうと、サンダルを履こうと文句ばいわれないだろう。

かつて朝日新聞の「天声人語」で健筆をふるっていた荒垣秀雄氏は、自分の机の横木の足の当たる部分が、すっかりすり減っていたと語っていた。おそらく荒垣氏は、足の裏を刺激して精神をリフレッシュさせながら、名文の推敲(すいこう)をしていたのではないだろうか。

1日中机に座ってデスクワークをしている人には、この足の裏の刺激をぜひおすすめしたい。靴下を脱いで裸足でやれば、より効果的である。

騒音でイライラする人は、ビタミンCが効果的

都会で生活している人間にとって、騒音の悩みのタネはつきない。電車や自動車、さらには工事の音などが気になってイライラする人も多いことだろう。騒音が人間に与える影響は、まず精神的にはストレスが高じてくることだ。肉体的には、血圧や胃腸の働き、ホルモンのバランスなどに影響を及ぼし、さらには白血球の数を減らすといわれている。

特に睡眠中に騒音にさらされていると、白血球がかなり減るという実験結果も出ている。白血球が減るということは、体の外から侵入してきた細菌やウイルスへの抵抗力が弱まるということであり、ウイルスが気管に入れば風邪をひくし、肝臓にはいると急性肝炎になってしまう。

精神的にもよくない上、体力的にも抵抗力が弱まって風邪などをひきやすくなったのでは、十分な仕事など、とても出来るものではない。抜本的な解決策は、その騒音をシャットアウトすることだが、それが出来ない内は、ともかく自衛の手段を講じなければならない。

それにはビタミンCを十分補給することだ。ビタミンCには、体に抵抗力をつけ白血球を増加させる働きがあるからで、騒音にイライラしがちな人は積極的を補給を心がけたい。
[PR]
by mush_k | 2012-01-22 02:58 | 仕事人間の健康法
日本人の風呂好きは世界的にも有名だが、日本人の風呂に対する考え方は、体を洗うというよりも、体を休めるほうに力点が置かれていた。「アカを落とす」のは入浴の一部分であって、「お湯につかる」ことに意義があったのだ。

最近は風呂の洋風化が進み、お湯につかることも。シャワーを浴びることも、同じようになってきたようである。体を洗うことはもちろんだが、それよりも風呂の効用は肉体的にも精神的にも体を休めることにあることを、もう一度よく見直すべきだろう。

そこで、おすすめしたいのが、ぬるめの風呂の中での読書である。軽い内容の本でも読みながら、じっくり浸かってみるのだ。入り始めは少しぬるいと感じるくらいでも、人間の体は時間をかければ、それほど熱くなくても汗はかくものだ。そうすると、熱い風呂とはまた違った気分のゆとりが生まれ、残業続きでたまった疲労とストレスが解消されてくるのである。

銀行エコノミストとして活躍している方は、風呂の中の読書が、よく頭にはいると強調しているが、医学的にみても、このほうが長椅子に寝つころかって読むより、はるかに体にいいのである。

「笑い」が体調をよくする医学的理由

笑いは、第一に「明るい気持ち」をつくりだしてくれる。たとえば、かなりのヘビースモーカーでも、仲間と楽しくしゃべりながら大笑いしているときには、タバコの本数が減るものである。「明るい気持ち」とはストレス、つまり緊張からの解放といってもいいだろう。

第二に、笑いの物理的効果も見逃せない。つまり、呼吸の問題である。人間は、緊張すると呼吸が浅くなる。その点、腹から大声をだして笑うと呼吸は深くなり、酸素の供給が増えることによって、心臓の負担が軽くなる。また、笑いによる深い呼吸は腹筋の運動にもなり、内臓のすべてにいい影響を与える。まさに笑いは「百薬の長」なのである。

とはいえ、これは「いうは易し」であろう。何もおもしろいことがないのに、演技力だけで「ワッハッハ」とやるわけにもいかない。そこで、喜劇映画やテレビのお笑い番組のギャグに、大声で笑ってみるのだ。まちがっても「何だ、つまらない」といった「冷笑」をしないことである。ばかばかしいことを、文字どおりばかばかしいと拒否し、笑うことができないタイプに胃潰瘍が多いという事実もある。笑えるチャンスを利用して「ワッハッハ」と笑う事、そして、あまりおもしろくない映画や漫才でも、積極的に笑ってやろうという心がまえが必要だろう。
[PR]
by mush_k | 2012-01-20 01:15 | 仕事人間の健康法
昼下がりのオフィス街の喫茶店は、食事をすませてくつろいでいるサラリーマンやOLであふれている。あちこちで話に熱中しているのはOLのグループで、OLたちの中には昼休みだけでは物足りないのか、会社にもどってからも暇をみつけては、湯沸かし室や洗面所で、おしゃべりの続きをしている姿を目にすることも多い。

「ムダ話で時間をつぶすくらいなら、もっとほかにすることがあるだろう」という人もいるだろうが、ちょっと我が身を振り返ってもらいたい。会社が終わったあと、気のおけない同僚と一杯傾けながら、上司の悪口、ゴルフの自慢話、子どもの進学、社内のOLの品定め等々と時の経つのを忘れてしゃべりまくってはいないだろうか。

このおしゃべりは、けっして「時間のムダ」ではなく、医学的にみても精神衛生的にみても、ストレスの解消に十分な効果があると認められているのだ。いろいろな悩みや問題を自分の心の中にとどめておくと、不安が不安を呼ぶという悪循環に陥り、心と体を蝕んでしまうことが非常に多い。

ところが、そういった悩みも言葉にしてしまうと、意外とばかばかしいことに気がつき、急にすっきりすることがある。また他人に話しているうちに、頭の中で漠然としていたものが整理され、解決法がみつかる場合もある。

人は他人に話をきいてもらうときは、相手に答えを出してもらいたいということもあるが、ほとんどは無意識のうちに悩みや不安から逃れたいという気持ちがあるものである。だから、解決策がみつからなくても、他人に話したことで心が軽くなったという経験をした人も少なくないはずだ。

厚生省がまとめた調査でも、男女とも「話をきいてもらう」「人とおしゃべりする」がストレス解消法の上位を占めている。ストレス解消のためにも、社内のコミュニケーションを計るためにも、1日に1時間くらいのおしゃべりタイムをつくってはどうだろうか。
[PR]
by mush_k | 2012-01-17 01:23 | 仕事人間の健康法
仕事に追いまくられているサラリーマンの多くは、日頃の運動不足を十二分に自覚しているのだが、「時間がない」という理由で、ほとんど運動らしい運動をしていないのが現状のようだ。それでも、たまの休日にゴルフにいくくらいの肉体的、精神的スタミナのある人はともかく、休日はゴロ寝で過ごすという人は、ちょっと問題がある。

運動というと、とかくゴルフとかテニスを連想しがちだが、運動の原点は歩くこと。交通機関が発達し、エスカレーターやエレベーターがいたるところにある都会では、便利さに慣れきってしまい、その原点を忘れてしまっている。いや、知ってはいても実行しようとしないのである。

歩くというのは全身運動なのである。体じゅうの筋肉と200以上もあるといわれている骨の60~70パーセントがまんべんなく動き、水泳やジョギングに匹敵する効果がある。しかし、ただ歩けばいいわけではない。背筋をピンと伸ばして胸を張り、腕を大きく振る。膝もしっかり伸ばして歩幅も広げる。そしてブラブラ歩くのではなく、1分間に100メートル以上のピッチで歩くことだ。

足の筋肉と脳細胞とは緊密な関係にある。脚力が衰えてくると脳細胞の老化も早まり、したがって肉体的な老化も進むことになる。忙しい人、なかでも知的作業をしていゐ人は、歩くことの大切さをもう一度認識してもらいたい。いつでも、どこでも、何の道具も使わずにできるのだから、極カクルマやエスカレーターなどは使わずに歩くことである。

そうはいっても、人間というのは目的がないとなかなか長続きしない。とくに日本人にはそういう人が多いようだ。そこでおすすめしたいのが、万歩計をもって歩くことである。特別な運動をしないかぎり、1日の運動量は歩いた時間と距離で、おおよそわかるようになっている。

ところで、なぜ1万歩かというと、まず区切りがいいことと、カロリー的にも300カロリーを消費することから、運動不足の解消にはもちろん、肥満防止の面からも効果があるからである。

職業別にみると。1日の歩数が1万歩を越えるのはセールスマンか電気やガスなどの集金人で、あとの職種はほとんど1万歩を越えることはない。電車やバス通勤のサラリーマンで8000歩、マイカー通勤だと3600歩。もっとも歩くことが少ないのはタクシーの運転手で、2400二歩というデータもある。

健康維持、病気予防のためには、とにかく歩くことだ。朝、少し早めに家を出て、電車一駅分くらいの距離は歩くくらいの気概がほしい。
[PR]
by mush_k | 2012-01-13 00:26 | 仕事人間の健康法
先日、懇意にしている銀行の支店長氏が嘆いていた。「朝8時から夜の7時まで支店で仕事をするんだけど、それでも残っちゃうんだ。しようがないから家にもって帰り、食事もそこそこに書斎で続きをやる。ハッと気がつくと11時。あとは、もう寝るだけ。支店長が忙しいとはきいていたけど、これほどとは思わなかった・・・」というわけだが、諸外国から「働きバチ」というありがたい?ニックネームを頂だいしている日本人だから、この支店長氏と同じような人は、たくさんいることだろう。

一日中というより、一年中ほとんど頭を休めることもなく、知的な仕事に打ち込んでいる人の場合、まず心配なのがストレスである。ストレスについては別で触れるので、くわしい説明ははぶくが、俗にいう「頭の使いすぎ」で全身が疲労してしまい、1日や2日休んでも体がしゃんとしないということが起こってくる。毎日いやがおうでも頭を使わなくてはならない人が、こうした状態では困ったものだ。

もちろん、まとまった休みをとり、何もせずにボーツと過ごすのが、いちばんの「治療法」なのだが、社内的な立場もあり、そこまでできる人は少ないにちがいない。そこでおすすめしたいのが、歩くときに腕を大きく振ることである。小学生の行進のように、「イチ、ニ、サン」という感じで歩くのだ。

ふだん運動不足の人は歩くのがいいといわれているが、ただ漫然と歩けばいいわけではない。歩き方にもちゃんとしたフォームがある。膝(ひざ)をしっかり伸ばし、足はかかとから地面につけ、つま先へと体重を移動させる。そして、腕を前後に大きく振り、胸を張って歩く。これが正しい歩き方の基本である。

こういう歩き方をしばらく続け、少し汗ばむくらいになると、自然に歩くことだけに集中するようになり、頭の中からよけいな雑念が消えてくる。また歩くことにより心肺機能も高まり、脳に送られる血液の量も多くなる。

ということは、脳の働きにもっとも必要な酸素も送られることになり、脳の働きも活性化してくる。さらに、脳細胞に十分栄養がいきわたり、老廃物も運びだされると脳下垂体のホルモンの分泌がさかんになり、全身の新陳代謝も活発になってくる。したがって頭がスッキリしてくるのである。

ゆっくり体(特に頭)を休めることはできなくても、歩くことくらいは日常生活の中でできるはずだ。多忙な頭脳労働が続き、頭も体もなんとなく疲れぎみの人は、ぜひ実行していただきたい。
[PR]
by mush_k | 2012-01-12 01:17 | 仕事人間の健康法
明日の朝の会議までに企画書を提出しなければならないのに、まだ半分もできていない。しかたがない、今夜は徹夜で仕事だ、という経験をした人も少なくないだろう。

この徹夜仕事というのは、時間のわりには効率の上がらないものである。それは、昼間の仕事に比べると疲労感がまったくちがうからである。疲労というのは長時間作業を続けると急激に高まってくる。労働時間と疲労の度合いは正比例ではなく、2時間労働したからといって、疲労感は1時間の2倍とは単純にはいい切れないのである。

たとえば残業を2時間すると、昼の同じ時間の仕事より2倍も疲れるのである。残業2時間でこれほどの疲労なのだから、徹夜仕事がいかに疲れるものであるかは想像がつくだろう。この徹夜仕事の疲労をとり、少しでも効率のいい仕事をするには、矛盾するようだが睡眠をとるしかないのである。

睡眠の場合は疲労の蓄積とは反対に、少しの時間でかなりの疲労をとることができる。20分でも30分でもぐっすり熟睡できれば、2、3時間仕事をした分の疲労くらいはとれるのである。

前日ほとんど寝ていないときは、昼食後30分くらいは眠るようにしている。1時に食事が終わって1時30分から会議があるというときでも、きっちり30分で目が覚めるから不思議である。

ほかの人から「寝ぼけまなこで大丈夫ですか」といわれることもあるが、その30分で疲労はけっこうとれているものだ。

したがって、徹夜仕事などで睡眠不足のときは、オフィスで10分間でもいいから居眠りすることである。ただ問題は、居眠りしてそのまま寝すごさないかということだが、これは訓練というより職業的責任感以外の何ものでもない。責任感さえしっかりあれば、かならず目はさめるものだ。
[PR]
by mush_k | 2012-01-12 00:50 | 仕事人間の健康法
「月末の資金繰りが気になって、夜も眠れない」という中小企業の社長さんがいれば、オリンピックの競技前日に眠れず、本来の実力を発揮できなかったという選手もいる。ことほどさように、人間の心配ごとのタネは多く、眠れないと訴える人の数もまた多い。

それとは逆に、明日楽しいことがあるという夜は、胸がドキドキ、ワクワクして眠れない場合がある。こんな経験は、おそらく誰にもあるはずだ。

ところが、いわゆる不眠症の悩みを訴える人たちのほとんどは、そうした強い不安感や興奮で眠れないというのではなく、「なかなか寝つけない」「眠りが浅い」ことそれ自体を悩んでいるのが大半だ。

こんなタイプの人が、早くグッスリ眠ろうとして睡眠薬やアルコールに頼ってしまうのは考えものだ。なぜならば、ほかの力を借りて、無理やり眠るのが習慣になれば、もう薬や酒なしでは床につけなくなってしまうからである。

やはり、正しい睡眠のとり方は、眠くなったら眠るという自然のリズムに従った方法しかない。つねづね「眠れなかったら寝るな。かならずいつかは寝てしまう」というのをアドバイスの柱にしている。これは、単純といえば単純だが、医学的な立場からすれば十分な理由がある。

ふつう、寝つきの悪さというのは、精神の疲労によるものが大半である。それがストレスとなり、脳細胞を剌激して眠れなくさせてしまうわけだ。ところが、精神がいかに疲れていても、肉体の疲れがそれを上まわれば人間はかならず寝てしまう。

たとえば、健康な人なら一週間くらい断食しても死にはしないが、断眠には耐えられない。不眠症を訴える人の中には、「ここ一週間、ほとんど寝ていないんです」などという人もいるが、それはだいたい本人の思い込みにすぎず、実際には睡眠時間が短いだけなのである。そして、短い場合は案外眠りは深いものである。

人間の体の仕組みはじつによくできていて、睡眠が短いなら短いなりに、深さでそれをカバーすることができる。もちろん、理想的なのは7、8時間のほどよい眠りだが、睡眠の必要量は「時間×深さ」の、いわば二次元的な量としてとらえるべきなのである。

この睡眠の深さというのは、たしかに寝ている間の出来事のため、自分ではわからない。けれども、必要量が足りなければ眠いはずだから、深刻に考えることもないわけである。要は、不眠症とは肉体が疲れておらず、なおかつ睡眠の必要量は足りていることから生じた症状にすぎない。つまり、寝不足こそが、もっとも効果的な処方籤といえるゆえんである。


[PR]
by mush_k | 2012-01-12 00:37 | 仕事人間の健康法