ハードワークに追われている仕事人間これだけは知っておこう


by mush_k

新しいものを掴めないのは、両手をいっぱいにしているから

「壁にぶつかった!ここを脱するには、壁を乗り越えるか、引き下がって諦めるか、ふたつにひとつだ。」そんなとき、やる気まんまんの人であればあるほど、なんとか壁を乗り越えたいと願う。

ビジネスでも人生でも、一度、後退局面に入ったら、あとはどんどん引いていくだけになってしまうからだ。相撲の取り口ではないが、「引いたら負け」仕事もプライペートも、そのあたりの呼吸は同じである。

壁を乗り越えようとするなら、もうひとつ、大事なことがある。それまで手にしていたものを一旦捨ててみることだ。両手をイッパイにしていると、新しいものを掴み取る、取っ掛かりさえ掴めないからだ。

カネボウ化粧品が産業再生機構に組みこまれたとき、社長に抜擢されたのは弱冠41歳(当時)という若き一社員・知識賢治さんだった。カネボウと聞くと現在では化粧品メーカーの印象が強いが、戦前は繊維産業の雄として、日本最大売上を誇ったこともある名門企業だった。

しかし、戦後、繊維産業の凋落とともに、薬品、食品事業など多角経営に転じ、結果的にはそれが裏目に出て、ついに産業再生機構の傘下に・・・。機構の打ち出した方向性は、収益力の高い化粧品部門を独立させ、その他の事業は撤退、あるいは事業を再編成して、生き残りの道を模索することだった。

つまり、知識さんが社長に任命された2004年は、カネボウ化粧品がうまくいっているタイミングではなかった。むしろ、競争の激しい化粧品市場で生き残れるかどうか。非常に難しい舵取りを求められる、そんな時だったのである。

知識さんが社長に任命されてからも多少の曲折はあったが、現在では新しい株主も得て立て直しに成功し、業界水準を上回る実績をあげている。41歳の知識さんは見事に、大きな期待に応えたのである。

[PR]
by mush_k | 2016-05-07 12:39 | しなやかな心を保つ方法