ハードワークに追われている仕事人間これだけは知っておこう


by mush_k

足りない5を数えて心配するよりも、いまある5で勝負する

このカジュアルインテリア雑貨の店が予想以上のヒットとなり、次々にショップを増やして現在に至った・・・というほどビジネスは甘くはない。途中、ショップの拡大ペースに売り上げがついていかず、赤字に陥ったことがある。このとき、本社側はそれ以上赤字が膨らむことを恐れて、フランフラン事業に二の足を踏んだ。

だが、高島さんは、フランフランの赤字よりも、カジュアルインテリア雑貨というカテゴリーがもつ可能性により強く目をむけ、フランフランの経営権を買い取ることにしたのである。大きな借金をしてのことだったから、大バクチであったことほまちがいない。

だが、経営権を買い取ったあと、高島さんが100パーセント自分の手で経営をすすめるようになると、事業はほどなく軌道に乗り、赤字を解消したどころか急成長路線を描き出し、今では東証第一部上場の一流企業の仲間入りも果たしている。

借金をして、会社を買い取るとき、たしかな成算があったわけではない。だが、いまあるものをつぶそうという発想よりも、生かしていこうという発想を選びたかったのだと高島さんはいう。「足りないものを数えあげるのではなく、いまあるものを数えて、それで勝負する」

この高島さんの発想は個人にもあてはまる。いま、確実にあるものならば、1つでも2つでも、それは揺るがぬ自信になる。自信があれば、自分にはあれが足りない、これも足りないと怯えることもなくなっていく。怯えがなければ、少々のことにヘコんだり、グラついたりすることはなくなるものだ。


[PR]
by mush_k | 2014-05-09 23:07 | しなやかな心を保つ方法