ハードワークに追われている仕事人間これだけは知っておこう


by mush_k

「オーラのある人」になれるかどうかは考え方しだい

いいトシをして、学歴コンプレックスを持ち続けている人に出会うことがある。誰も聞いてもいないのに、「受験に失敗して名もない学校にいったから」と嘆いてみせる。「僕が就職するころは就職氷河期でねぇ」と、自分がいまパッとしないのは社会のせい、時代のせいだといいたげだ。

そうではない。いまの自分がパッとしないのは、その人がそう思っているからなのだ。そして、そう思っているかぎり、その人は永遠にパッとすることはないと断言できる。本心本音の部分で、自分をどう思っているかは、自分にある種のオーラをかける。

パッとしないと思っていれば、冴えないオーラがかかってしまうし、自分でも結構イケルと思っていれば、それなりの、結構いいオーラがかかる。「Francfranc」(フランフラン)というインテリア雑貨ショップがある。1992年に第一号店をオープン。十数年で全国に数十店舗を展開する規模に成長を遂げている。若者のあいだでの人気は非常に高い。

創業社長の高島郁夫さんは、ご本人いわく、「大学は二流、初めて就職した先は地方の中小企業」だった。大学受験も第一志望には届かず、就職試験にいたっては、希望していた金融関係に軒並み落ち、結局「田舎に帰って、中小企業にわらじを脱いだ」。就職先は、出身地の福井にある中規模の家具メーカーだったから、金融志望だった高島さんにとってはまったくの方向違いだ。

さすがにヘコんだかと思いきや、「僕は、あまり、ものごとを突き詰めて考えないほうなんです。人生、こんなもんじゃないの?と思っていました」と、高島さんは意に介さない。

転勤先の大阪、東京で、「従来のメーカー」→「問屋」という販売ルートではなく、直販ルートの開拓にあたるうちに、従来型の家具屋はいずれ廃れていくという危機感をもつようになり、顧客がしょっちゅう来店してくれるビジネスモデルを模索。その結果、若い人が気軽にくり返し来店するカジュアルでスタイリッシュなインテリア雑貨の店を思いつき、会社に提案した。いわゆる「社内起業」で、これがフランフラン第一号店オープンの経緯だった。


[PR]
by mush_k | 2014-01-22 09:30 | しなやかな心を保つ方法