ハードワークに追われている仕事人間これだけは知っておこう


by mush_k

休日にゴロ寝ばかりしている人は、30分間の掃除を試みる

一週間の仕事の疲れをいやすために、休日はゴロ寝で過ごすというサラリーマンが多い。最近の世論調査をみても、休日の過ごし方としてはゴロ寝かトップを占めている。

ゴロ寝というのは、いちばん自由で楽なスタイルで、「きょうは何もしなくてもいい」という解放感とあいまって、これほどストレス解消にとっていいものはない。世の女房族から「粗大ゴミ」といわれようが、そんなことは気にせずにゴロゴロしてもらいたい。

とはいっても、ストレス解消にはいいけれど、ほどほどにしておかないと体のほうがなまってしまう。肉体的な緊張をとりすぎてしまうと、かえって疲れることかあるから、少しは体を動かしてもらいたい。

ゴルフクラブを軽く振ってみるとか、クルマの掃除、子どもとのキャッチボール、さらには盆栽いじりでもかまわない。子どももいない、クルマもないといった人は、思い切って30分くらい部屋の掃除でもしてみてはどうだろうか。

ゴロ寝でストレスを解消し、掃除などで軽く体を動かしておけば、心身ともにリフレッシュでき、翌日からの仕事にも意欲がわこうというものだ。
[PR]
by mush_k | 2012-07-21 17:20 | 仕事人間の健康法