ハードワークに追われている仕事人間これだけは知っておこう


by mush_k

カラオケの歌いすぎでノドが痛いときは、どうするか

いつの頃からか、わが国のバーやスナックには、全国津々浦々にカラオケがそなわるようになった。いまでは、深夜のさしてにぎやかでない通りを歩いていても、どこからともなくカラオケをバックに歌う声がきこえてくる。

こうしたカラオケの普及は、演歌好きにはこたえられない楽しみになるいっぽうで、数々の弊害も生んでいるようだ。マイクの奪いあいから、果ては刃傷沙汰(にんじょうざた)にいたった事件や、騒音による訴訟問題などがあちらこちらで起きているのが目につく。

そんなトラブルに比べるといささか格が落ちる話だが、カラオケに夢中になりすぎて、ノドを痛める人が少なくないという。ホロ酔いきげんで演歌をうなるのは、ストレスの解消になり、たいへんけっこうなのだが、問題は声をはり上げ、タバコを吸い、「こぶし」をきかせたときの声帯の負担である。

悪いことに、演歌のようなカラオケにぴったりした歌というのは、腹の底で歌うオペラなどとちがってノドを酷使してしまいがちである。まさにノドが自慢で歌うわけなのだが、それが度を越すと、声帯に炎症を起こす恐れが生じる。これは、選挙の時期に、「ノドをからして」走りまわる政治家が声をつぶしてしまうのとよく似ている。

へたをすると、その炎症がもととなって、声帯ポリープという一種の腫れ物ができることもあり、注意が必要だ。ご存じのように、この病気は売れっ子の歌手がかかるもので、腫れ物とはいってもガンとは関係がない。

けれども、ノドの疲れに酒やタバコが重なるとひじょうにかかりやすくなり、声が出なくなってしまう。さて、そこで予防の対策が必要となる。ノドを大事にとはいっても、演歌好きに「禁カラオケ」は無理で、また招待や宴会ともなれば、そんな自制心はどこかへ飛んでしまうだろう。

結局、ノドがかれないように声帯をうるおす手段を講じるしかないのだが、それには梅干しが最適である。梅干しの酸味は、多量の唾液を分泌させるとともに、声帯の粘液をだす機能も高めてくれるからである。

テレビの宣伝の影響か、ノドの痛みというと甘いアメをしゃぶることしか思い浮かばない方も多いようだが、辛いものがかならずしも悪いわけではない。唐辛子の多い朝鮮料理を食べている韓国の歌手が、けっしてハスキーな声でないことを考えてみればいいだろう。

それはさておき、カラオケの悪い点ばかり話してしまったが、これはノドにかぎってのことで、肺を中心とする総合的な健康のためには、歌はたいへん有効である。まさに、肺炎予防にはカラオケ、なのだ。要するに、力みすぎないこと、これがポイントである。
[PR]
by mush_k | 2012-05-11 00:21 | 仕事人間の健康法