ハードワークに追われている仕事人間これだけは知っておこう


by mush_k

風邪ぎみなのに会社を休めないときは、おじやを食べる

風邪という病気は、どうも軽くみられてしまう宿命にあるようだ。「万病のもと」といわれながらも、現実には風邪をひいたくらいでは会社を休めない人のほうが多い。テレビのコマーシャルではないが、「はってでも出てこい!」といわれても文句はいえない。たしかに、若いうちなら、それで大丈夫なこともあろうが、年をとるとともに、回復にも時間がかかり、ときにはこじらせて、大病のもとにもなりかねないのが風邪である。

にもかかわらず、風邪には特効薬がないといわれている。たしかに、咳が出たらそれを止める鎮咳剤(ちんがいざい)とか痰(たん)の排出をうながす呿痰剤(きょたんざい)といった薬はある。しかしそれは風邪の一症状を抑えているだけで、風邪そのものを根本から治療してしまうわけではない。つまり、現段階で風邪に対して出来る医学的な治療とは、人間の体が自ら治ろうとする自然治癒力の手助けをすることなのである。

では、人間の体が風邪を自ら治そうとするとき、そのもっとも有効な方法は何か。それは十分な休養を摂るということである。何を当然なことをと思われるかもしれないが、十分な休養を摂ってこそ、薬による医学的な治療も有効になるのである。風邪をひいているのに会社に行くということは、本来、休養にあてるべき時間を、仕事にまわしたということである。その意味で、体には二重の負担がかかっているわけだ。

したがって、どうしても仕事をしなければならないのなら、それ以外の時間は、すべて体の休養に充てるということが先決になってくる。それによって侵入してきたウイルスに対抗できるだけの体力を養うわけである。

また、このウイルスも、種類によって体のどこに侵入してくるかわからない。胸にはいれば肺炎になるし、肝臓にはいれば急性肝炎をも引き起こす。そして、胃や腸にはいってくることもある。したがって、風邪の予防のためばかりでなく、栄養を十分にとることが大事だ。

そこで、風邪ぎみなのに会社を休めないときは、朝食に「おじや」を食べるといい。鶏のササミ、卵、野菜などの具をたくさん入れれば栄養価の点でも申し分ない。熱いので汗もかくし、何よりもゆっくり食べることになるから、なおさら消化にもいい。さらにポン酢を少し入れることによって食欲が増す。食欲がないからといって食事を抜くと、それだけ体力を消耗することになり、風邪にはいちばん悪い。無理をしても食べることである。

しかし、風邪で喉が赤いときは胃の粘膜も赤く、軽い急性胃炎と同じような状態になっている。そのため食欲もなくなってくる。食欲がないからといって、あまり食べないでいると、風邪の回復も遅くなるといった悪循環になってしまうのである。
[PR]
by mush_k | 2012-02-22 22:28 | 仕事人間の健康法