ハードワークに追われている仕事人間これだけは知っておこう


by mush_k

冷房に弱い人はビタミンEを補給しろ

夏になると、いわゆる「冷房病」にかかる女性が多い。冷房の効き過ぎによる体の変調なのだが、この「冷房病」は女性ばかりがかかるとは限らない。男性にも冷えに弱い人は結構いるものである。そうした人は体が冷えると、すぐに血管が緊張して細くなり、血行が悪くなる体質なのである。夏でもオフィスで半袖ではいられない人は、ぜひビタミンEを摂ってほしい。

ビタミンEは、老化を防ぐビタミンとして知られているように、血管の弾力性をいつまでも保つという働きがある。また、ビタミンEに含まれているトコフェロールという成分が、血管内にコレステロールが付着するのを防いだり洗い流してしまう効果もある。したがって、ビタミンEは手足の先などの末梢血管の血液の流れをよくするから、冷房の攻撃から身を守るのに役立つのである。

ビタミンEはビタミン剤として売られているが、できることなら自然の食品から摂るほうがいいだろう。少し値は張るが、鶏の卵にビタミンEを入れたものなどもあるので、そういったものを利用してみてはどうだろうか。

現代人にとってのサワナ風呂の効用

現在、サラリーマンの大半は会社のオフィスはもちろんのこと、通勤の電車やバスもほとんど冷暖房化され、家でもエアコンの効いた部屋で暮らしているのではなかろうか。しかし、快適な生活が送れるようになったのはいいことだが、それと引きかえに自然の気候の変化に対する抵抗力を失ってしまっていることを忘れてはならない。

人間は暑さ、寒さを経験しながら、自然に適応する能力を身につけていく。冬は寒さに耐え、夏は紫外線の強さに日焼けしながら肌は鍛えられる。肺や気管支の粘膜も、冬の冷たい空気や夏の熱く湿った空気を吸うことで強くなるのである。

エアコンで管理された中で生活をしていると、皮膚や肺などが鍛えられないため、季節の変わり目になると風邪をひいたり、体の不調を訴えたりする人が増えている。そうした生活をしている人は、時々サウナに入るようにするといい。

汗をびっしょりとかき、ほてった体を冷たい水につけることで皮膚はひきしまり、肺や気管支は熱く湿った空気と冷たい空気を交互に吸うことで抵抗力がついてくるのである。心臓に持病があったり、高血圧でないかぎり、サウナの効用をもう一度見直してみたい。
[PR]
by mush_k | 2012-02-02 02:19 | 仕事人間の健康法