ハードワークに追われている仕事人間これだけは知っておこう


by mush_k

仕事のことで眠れないなら逆に寝ないほうがいい

「月末の資金繰りが気になって、夜も眠れない」という中小企業の社長さんがいれば、オリンピックの競技前日に眠れず、本来の実力を発揮できなかったという選手もいる。ことほどさように、人間の心配ごとのタネは多く、眠れないと訴える人の数もまた多い。

それとは逆に、明日楽しいことがあるという夜は、胸がドキドキ、ワクワクして眠れない場合がある。こんな経験は、おそらく誰にもあるはずだ。

ところが、いわゆる不眠症の悩みを訴える人たちのほとんどは、そうした強い不安感や興奮で眠れないというのではなく、「なかなか寝つけない」「眠りが浅い」ことそれ自体を悩んでいるのが大半だ。

こんなタイプの人が、早くグッスリ眠ろうとして睡眠薬やアルコールに頼ってしまうのは考えものだ。なぜならば、ほかの力を借りて、無理やり眠るのが習慣になれば、もう薬や酒なしでは床につけなくなってしまうからである。

やはり、正しい睡眠のとり方は、眠くなったら眠るという自然のリズムに従った方法しかない。つねづね「眠れなかったら寝るな。かならずいつかは寝てしまう」というのをアドバイスの柱にしている。これは、単純といえば単純だが、医学的な立場からすれば十分な理由がある。

ふつう、寝つきの悪さというのは、精神の疲労によるものが大半である。それがストレスとなり、脳細胞を剌激して眠れなくさせてしまうわけだ。ところが、精神がいかに疲れていても、肉体の疲れがそれを上まわれば人間はかならず寝てしまう。

たとえば、健康な人なら一週間くらい断食しても死にはしないが、断眠には耐えられない。不眠症を訴える人の中には、「ここ一週間、ほとんど寝ていないんです」などという人もいるが、それはだいたい本人の思い込みにすぎず、実際には睡眠時間が短いだけなのである。そして、短い場合は案外眠りは深いものである。

人間の体の仕組みはじつによくできていて、睡眠が短いなら短いなりに、深さでそれをカバーすることができる。もちろん、理想的なのは7、8時間のほどよい眠りだが、睡眠の必要量は「時間×深さ」の、いわば二次元的な量としてとらえるべきなのである。

この睡眠の深さというのは、たしかに寝ている間の出来事のため、自分ではわからない。けれども、必要量が足りなければ眠いはずだから、深刻に考えることもないわけである。要は、不眠症とは肉体が疲れておらず、なおかつ睡眠の必要量は足りていることから生じた症状にすぎない。つまり、寝不足こそが、もっとも効果的な処方籤といえるゆえんである。


[PR]
by mush_k | 2012-01-12 00:37 | 仕事人間の健康法